当クラブについて


チーム名の『Amizade』はポルトガル語で「友情」を意味しています。

アミザージ神野サッカークラブでは、日本サッカー協会公認資格を持つコーチが、選手の能力・発育発達に応じた専門的な指導を行っています。

練習は能力別に行い、初心者でも楽しくサッカーができるよう簡単なボール遊び・ボール扱いやサッカーを生涯の友にできる基礎作りから個人技術の習得・向上、プロを目指すサッカーのスペシャリスト育成までを行っています。

また、サッカーを通じて好きな事に頑張れる子供、各年代に必要な様々な感覚、神経系の発達を伸ばす事、初めと終わりの挨拶などのけじめや、友達を思いやる優しい気持ちが持てるように育成する事を大事にし活動しています。

コンセプト

ひとりひとりが個性を持ち、観て、考えて、判断できる、クリエイティブでアトラクティブな選手を育成する。

アミザージではこのクラブでサッカーを楽しんでくれている選手たちに、将来、どんな選手になって欲しいのか?そして、そのためにカテゴリーごとに何が必要なのかを考え、指導していきます。

個人の技術向上と個性を養うことを第一に考え、選手一人一人が目標を持ち、それを達成することができるよう、全力でサポートします。

アミザージで技術を磨き極めて、ライバルに差を付けよう!

夢を叶えるためには、それを貫こうとする強い意志と実行力があればいい。

妥協せず自分を奮い立たせ、がんばり続けることが才能を開花させる。

理念(サッカーに関して)

アミザージが考える育成プランでは、サッカーをする中で、自分で考えたり、楽しんだり、すごいアイデアを持ったり、チャレンジしたり、落ち着いてプレイしたりするためには絶対に“ボールを扱う技術”が大切だと考えています。

だから、アミザージの選手たちには技術で魅了できる選手になって欲しいと思います。

特に、“ゴールデンエイジ”の選手たちには“ボールを扱う技術”の大切さを知ってもらい、目先の結果にこだわり過ぎることなく、将来に繋がる技術の向上を最大の目的として(ぼちぼち)才能を開花してもらいたいと考えます。

理念(サッカーを通じて)

①あいさつ
②自分で自分の事をする
③自分で考える
④グッド・コミュニケーション
⑤感謝の気持ちを持つ

指導者

荘所俊二
日本サッカー協会公認C級コーチ・東播サッカー協会3種/4種審判委員
現東播サッカー協会監事・初代東播サッカー協会少年委員長・フェアプレー部会部長
3種フットサル担当責任者・東播サッカー協会4種規律・小学校教諭1種免許所持
中学校教諭英語科免許所持

荘所誠
日本サッカー協会公認C級コーチ・小学校教諭1種免許所持
東播サッカー協会キッズ委員長・東播サッカー協会3種審判委員

三好康成
日本サッカー協会公認C級コーチ・東播サッカー協会3種技術委員
小学校教諭1種免許所持

竹内大樹
日本サッカー協会公認C級コーチ 取得見込

村松 翔人
日本サッカー協会公認C級コーチ

※その他、 NPO法人スポーツクラブアミザージスタッフ

OBの主な進路

滝川第二高校29人
その他ヴィッセル神戸ユース・神戸弘陵高校。神戸国際高等学校・御影工業高校・静岡学園高校・明徳義塾高校・作陽高校などの全国の強豪チームに毎年多数の選手を輩出しています。

クラブ出身のJリーガー
寺川 能人 選手(アルビレックス新潟)
柴垣 勇輝 選手(ヴィッセル神戸)
清水 圭介 選手(大分トリニータ U-18日本代表)
翁長 聖  選手(V・ファーレン長崎)

クラブ出身のFリーガー
神戸 洋平 選手(シュライカー大阪)
高松 大将 選手(シュライカー大阪)

↓